うまろぐDB
チャンミSPRINTの攻略データにも対応!!













【ウマ娘】チャンミLONG攻略情報まとめ。 コース解説・有効スキル・オススメウマ娘など(チャンピオンズミーティングLONG)

管理人

チャンミLONG(チャンピオンズミーティングLONG)のデータを配信中のアプリ「うまろぐDB」を元にまとめた情報になります。

管理人

なお、当サイト(アプリ)では、優劣の順位はあまり設けず、コースデータに対して有効なウマ娘、スキルを選出しています。
予めご了承下さい。

!!ダウンロードはこちらから!!

目次

コース図

中山レース場 芝 2500m(長距離)右・冬・雪・重

本記事は、有馬記念2500mがモデルとなっているチャンピオンズミーティングLONGの情報をまとめています。
同コースは毎年年末に開催されているので今回で3度目になります。そのため、記憶に残っているユーザーも多いのではないでしょうか。(2021年、2022年のサジタリウス杯)

はじめに、本コースの特徴として開始直後はコーナーになっていますが直線でもコーナーでも無い(どちらのスキルも発動しません)謎の区間が存在します。
この区間は序盤開始から100m続き、その後からコーナースキルが発動するようになります。
第4回リグヒのマイルCSから異なる点として、該当区間も短く、加えて走行距離が長いほどPDMの区間も延びることから序盤のウマ好みは有効に作用します。
そもそも開始5秒間は特定スキル以外発動しない仕様になっているので、マイルCSほど意識する必要はないかなと思います。

終盤開始地点については直線となるため、終盤直線(向こう正面)を条件とするスキルが最速発動します。
終盤コーナーは、約30mほど遅れて突入するため、若干のロスは発生しますが有効発動します。
最終コーナーは加速がほぼ終了した状態で突入しますので、速度効果のみが有効で、加速効果はほぼ無効となるため注意。
また、最終直線系の加速スキルについてもほぼ無効です。

各区間毎の詳細は、次項にまとめていますのでそちらをご確認下さい。

序盤

開始100mは直線でもコーナーでも無い謎の区間に設定されていますが、前項の通り、開幕の位置取りスキルはウマ好みが有効です。
距離が長い長距離は序盤の位置取りと同じくらい中盤力が重要になるため、盤石の構え(地固め)先手必勝(先駆け)コンセントレーション(集中力)はある程度妥協してしまっても問題ありません。
とはいえ、搭載するスキルの発動条件によっては、開幕からハナを取り続けることが重要になることもあるため、そこは自前のスキルと相談して決定するのが良さそうです。

また、逃げウマ娘の場合、今回は序盤がコーナーとなっているため、危険回避+アオハル賢(ポジションセンス)のコンボは危険なコースとなっています。
必ず悪い結果になるわけではないですが、危険回避がコーナーの外側に大きく膨らむ可能性があるため、単品での運用はNG。搭載する場合はアオハル賢(ポジションセンス)とセットであることが必須です。

中盤

中盤は、コーナー→直線→コーナー→直線になっています。
直線スキルは終盤にかけて接続する可能性があります。終盤開始直後にはコーナーへと移行するため、発動タイミングによる効果のロスも少なく、コーナースキルより若干安定感があります。

また、上がり坂と下り坂の両方が存在するため、百万バリキ(十万バリキ)下り坂巧者も中盤スキルとして有効に発動します。坂を条件とした加速スキルは上がりも下りもどちらも無効になるため注意。

なお、回復スキルのタイミングについては、これらの区間を考慮する必要があります。
代表的な円弧のマエストロ(コーナー回復)については、第1コーナーが対象となるため、遅くても1130mまでに発動します。
本アプリのコース図に記載されている、コース1、コース2という表記はシステム上の第1コーナー、第2コーナーという意味ではありません。マエストロの条件となる第1コーナーは880m~1130m前後になっています。

好転一息(直線回復)は、中盤前半の直線で発動しますので、持久力温存に対して効果的な発動位置となってしまいます。

下り坂を条件とする下校のスペシャリスト(下校の楽しみ)発動が遅く、上がり坂を条件とするじゃじゃ馬娘(勢い任せ)ベストなタイミングで発動します。

また、先日実装されたトウカイテイオー(秋衣装)の進化スキル盤楽遊嬉ですが、進化前の余裕綽々は序盤後半の良いタイミングで発動しますが、進化すると発動タイミングが終盤直前となってしまうため注意。

好転一息(直線回復)の発動タイミングですが、私の認識していた解析データだと中盤の直線からランダムとなっていましたが、実際に検証したところ中盤前半の直線のみの発動でした。同様に勘違いしてる人もいるかと思いましたので念のため追記しておきます。

終盤

終盤の開始地点は直線(向こう正面)となるため、終盤直線(向こう正面)が最速、次点で終盤コーナーが有効な加速スキルとなっています。
最終直線、及び最終コーナーは加速効果が見込めないため、これらを条件とするスキルは注意。最終直線、最終コーナーを条件とするスキルは「速度スキルのみ」と覚えておきましょう。

有効加速の代表例
・勝ち鬨ワッショイ!
・Do Ya Breakin!
・怪物
・無我夢中
・迫る影
・彼方、その先へ(少し遅れ)
・アングリング×スキーミング(少し遅れ)
・レッツ・アナボリック!(少し遅れ)

無効加速の代表例
・プランチャ☆ガナドール
・ぐるぐるマミートリック
・轟!トレセン応援団!
・紅炎ギア

各脚質のスタミナ目安

各脚質毎のスタミナ目安です。最速スパートが安定できる目安で、持久力温存は考慮していません。
そのため実際は、1200前後を目安に必要な金回復1つ+αを搭載することになると思います。
※スピ1600、パワー賢さ1200、根性900、距離適性S、調子は絶好調、バ場状態重、追い比べ位置取り争いは有り、掛かりは無しを条件

大逃げ1280
逃げ1170
先行1280
差し1110
※無我夢中を使う場合は、1200以上推奨
追込1010
参考:スタミナ計算機

有効スキル

加速スキル

注目したいスキルは、先行の怪物(本領発揮)、差しの無我夢中(がむしゃら)、追込の迫る影(直線一気)
この3つのスキルが固有・進化スキルを除いた最速で発動する通常の加速スキルになります。
逃げは脚質に対応した有効な加速スキルがないため、固有スキル(継承)による加速が必須となっています。

終盤前半を条件とする鍔迫り合い乗り換え上手などのスキルは、距離が長ければ長いほど発動条件となる終盤前半の区間(1/4)が拡がる事からランダム性が増してしまいます。そのため、極力これらのスキルに頼らないスキル構成を推奨します。

なお、ノンストップガール(垂れウマ回避)については、終盤開始地点が直線になるため、今回は発動し易いコースとなっています。取得しやすい垂れウマ回避は保険的に搭載しておきたいところです。

速度スキル

怒涛の追い上げ(追い上げ)は、タイミング次第で効果量は0.1/s2と少ないですが加速効果にも期待ができるため、搭載している加速スキル量に不安がある場合は優先して取得しておくのも良さそう。

弧線のプロフェッサー(コーナー巧者◯)については発動タイミングが早いと2回発動する可能性があります。

固有スキル継承

逃げは、勝ち鬨ワッショイ!アングリング×スキーミングが必須。
それ以外の脚質については、シューティングスターや最終コーナーを条件とするShadow Breakなどの速度スキルがオススメです。
また、固有スキル継承の回復効果は通常の白スキルよりも高いため、ゲインヒール・スペリアー花開き、世界ピュリティオブハートなども有効です。
表記が目標速度になっていますが、長距離で追加効果が発動するローレルの花開き、世界(継承)の回復量は、他2点と同じく3.5%回復です。(白スキル3個分)

1点記載が漏れていましたが、今回は、彼方、その先へ、も有効な加速スキルとなっています。

回復スキル

好転一息(直線回復)は中盤の前半に直線があるため、持久力温存に対して効果的なタイミングで発動します。
円弧のマエストロ(コーナー回復)は、中盤コーナーの中間前後で発動するので持久力温存に対して比較的安定した効果が見込めます。

また、中盤には上がり坂と下り坂が存在し、上がり坂は中盤の前半部分にあるため、じゃじゃウマ娘(勢い任せ)はかなり良い位置で発動します。
下り坂は中盤後半になるため、下校のスペシャリスト(下校の楽しみ)は遅いタイミングで発動します。

前回の菊花賞リグヒでは優秀だった、脱兎の先へ(脇目も振らず)プチ☆アゲ↑バイブス(バイブス上昇)は目標速度効果もあるものの発動位置が中盤ランダムとなるため安定性に欠けるのが難点。
発動が遅くて持久力温存がでるようだと、付加効果の目標速度アップが他の回復スキルと比較して強みにならないのはどうなのかと思います・・・。

緑スキル

あまり特筆する点はありませんが、右回りの鬼で上昇するスピード値は、右回り◎と同じ効果量です。
パワーが+60されるだけなので勘違いしてる人は注意。
また、ナリタトップロードのターフの主人公良バ場の鬼の進化スキルですが、効果量アップの条件が良バ場となり、発動条件は芝のみとなりますので、バ場状態が重の条件でもスピードとパワーがそれぞれ+40上がります。
取得に必要なスキルPt量は高めですが、こちらも参考まで。

デバフスキル

デバフについては、スタミナが重要な長距離になるため、スタミナ中心のデバフで良さそうです。
現在速度ダウンの効果を持つ慧眼や独占力などのスキルを使う場合は、水着ゴルシの固有と合せわる必要があります。

序盤・位置取りスキル

逃げ以外の脚質は、定番のウマ好みが必須級。

逃げ脚質では定番の危険回避→ポジションセンス(アオハル賢)のコンボは、序盤がコーナーで危険回避により大きく外側に膨らむ可能性があるため、今回は非推奨となります。

進化スキル

進化することで効果量が高くなるスキルやコースに合わせて、より有効になるスキルをピックアップして掲載しています。(主に注目ウマ娘の対象スキルをピックアップしています)

特に注目したいスキルは、秋テイオーの天賦の身ごなし、餓狼ナリブのBLAZING WOLF渇望する怪物、ナリタトップロードの正道です。何れも非常に強力な終盤スキルになっています。

また、秋テイオーの進化スキル盤楽遊嬉ですが、進化前の余裕綽々は序盤後半の良いタイミングで発動しますが、進化すると発動タイミングが終盤直前となってしまうため注意。

脚質別おすすめウマ娘

逃げ

勝ち鬨ワッショイ!Do Ya Breakin!が最速で発動する加速スキルになります。
アングリング×スキーミングは30mほど遅れての発動ですが、今回の逃げは加速スキルが少ないため、勝ち鬨、アンスキの継承スキルは搭載必須となります。
Do Ya Breakin!の継承スキルは他2点と比べて効果量が少ないため無理に選択する必要はなさそうですが、逃げ自体が今回は厳しいことが予想されるためガチる人は妥協しない方が良さそうかも?

最終コーナーで発動する逃亡者(押し切り準備)は、今回無効となるので注意。

大逃げについては、固有スキルに回復効果を持つメジロパーマーがオススメです。

先行

先行は、怪物(本領発揮)という強力な加速スキルが用意されていますが、発動条件が先頭or先頭から4バ身以内となっているため、いかに中盤力を上げるかが重要になります。
SSRメジロマックイーンから取得可能な狙いを定めてという加速スキル(白のみ)も、秋テイオーの進化スキル天賦の身ごなしとほぼ同じタイミングで発動しますので、こちらもできれば取得しておきたいところ。

また、今回は逃げが少ないことが予想されるため、逃げ0を想定した幸運先行狙いのウマ好み盤石の構えの取得や、勝ち鬨ワッショイ!などの固有スキル継承も検討しておいたほうが良さそうです。
※勝ち鬨は2位まで発動するので標準搭載推奨

差し

差しは、無我夢中(がむしゃら)という強力な加速スキルが用意されていますが、発動に持久力を2%(白スキル約1.3個分くらい)消費しますのでスタミナ量に注意。
固有スキル継承の彼方、その先へレッツ・アナボリック!ノンストップガール(垂れウマ回避)も合わせて数点搭載しておきたいところです。

追込

追い込みは、迫る影(直線一気)が搭載必須。自前で持っていない場合は、パワーサポカのSSRヒシアマゾンを構成する必要があるため、育成難度的に難しいといった場合は自前で取得できるキャラを推奨します。
固有スキル継承については差しと同様に彼方、その先へレッツ・アナボリック!ノンストップガール(垂れウマ回避)も合わせて数点搭載しておきたいところです。

デバフ

もし、水着ゴルシの固有継承で独占力を使用する場合はバ群が広がり過ぎて届かなくなる場合があるため、パワーを軽視しないように注意。

注目ウマ娘

今回、比較的使用率が高そうなウマ娘をピックアップしました。参考までにどうぞ。

管理人

現在配信中のうまろぐDBでは「レースデータ」→「チャンピオンズミーティングLONG」から上記データがまとめて確認できるようになっています。
気になるスキルがあれば、発動条件・効果量の他、取得条件(所持ウマ娘、サポカ、ヒントorイベント)も逆引き検索できます。
(※詳細は、↓のPICKUP!! 参照)

こちらは使いやすいように拘って設計した部分になりますので、是非ご活用ください!

【pickup!!】アプリだとここが便利

スキルデータから、関連する育成ウマ娘、サポートカード、イベントの情報に簡単アクセス!!

発動タイミングが分かりにくいスキルも条件を詳細に記載

!!ダウンロードはこちらから!!

999: 名無しのトレーナー 2023/12/31(木) 23:59:59.59 ID:uMaLogNet
ウマ娘人気記事1
ウマ娘人気記事2
ウマ娘人気記事






3周年アップデートの配信情報まとめはこちら!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ウマ娘人気記事
Kindleコミックランキング

イベント・スキルデータの検索に便利!
データ検索アプリ「うまろぐDB」のダウンロードはこちらから!!








コメント

コメント一覧 (4件)

コメントする

目次